国のオフセットクレジット(J-VER)制度と整合し、国のプログラム認証を受けた「岐阜県カーボン・オフセット制度」を適用。「木曽三川水源造成公社間伐促進プロジェクト」を支援します。

 このプロジェクトを利用することで、美味しい酒造りに欠かせない水を創り出す岐阜県の森林を守り、育てることに貢献します。

 

 

飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ![写真]日本料理「さかした」様にて撮影 店長は朝日町出身の「坂下」さん 快く撮影に協力してくれました。
貯蔵樽の様子

「氷中貯蔵」が

行われるののは、

岐阜県高山市朝日町胡桃島の秋神温泉にある

「氷点下の森」で行われます。この地は、飛騨高山の冬の風物詩として、毎年冬期には多くの

観光客が訪れます。

 貯蔵樽ごと凍らせてお酒を冬眠させる「氷中貯蔵法」は、極寒で豊富な山水が

利用できる環境でなければできません。冬はマイナス20度を下回るほどの

「氷点下の森」だからこそできる日本で唯一の貯蔵方法から生まれたお酒。

他では真似できない商品価値があります。

■日本初!?樽出し体験

 

誰でも参加できる

「樽出し体験」ができるイベントを毎年実施しています。

こちらの動画をご覧下さい。

イベント情報はこちら




飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!飛騨高山の冬の平瀬酒造」のご協力のもと貯蔵タンクに入れます。ご当地酒(地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」の熟成開始です。
「平瀬酒造」のご協力のもと樽入れ
飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!1月後半の貯蔵樽の様子です。
完璧に氷で覆い尽くされます⇒
飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!1月初旬の貯蔵樽の様子です。「氷点下の森 氷中貯蔵 久寿玉」の文字が見えなくなっています。「久寿玉」は平瀬酒造の看板商品。
徐々に周りが凍り始めます⇒
2月後半の貯蔵樽です。ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
原型が分からないほど厚い氷がつきます

 氷点下の森の氷は天然の山水を木や構造物にかけて作られる訳ですが、簡単にできるものではありません。氷点下の森自体が山奥にありますが、さらに十数キロ離れた山奥から専用のホースをつなぎ大量の水を使えるようにして、氷の王様小林茂さんを中心に、秋神温泉の従業員が毎晩氷のオブジェに水をかけるわけです。氷点下の環境さらに大量の山水、そして従業員の熱意と努力があって、はじめて貯蔵増樽は凍ります。

 このお酒で一番質問が多いのは、それは「氷中貯蔵法でどうお酒が変わるのか」という点です。気になる方はこちらをご覧下さい。

創業380年、飛騨で随一の歴史を誇る平瀬酒造。45年前から秋神温泉の主人が毎年作り続けてきた飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」。

歴史深い本物の「伝統」と「自然」が融合して生まれた新発送のお酒です。

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

■平瀬酒造

「氷中貯蔵 熊の涙」は飛騨高山で最も歴史深い蔵元「平瀬酒造」が、ご当地酒として初めて出した他にはないお酒です。

不純物の少ないのが特徴の飛騨の水と、優良な酒造好適米「ひだほまれ」を100%使用しています。

蔵元平瀬酒造のホームページはこちら

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

酒造好適米ひだほまれです
仕込み

■氷点下の森

氷点下の森は地元高山市としても積極的にアピールしている観光スポットです。

毎年1万人以上の観光客が訪れます。冬の間3ヶ月間もライトアップをします。

一つのオブジェとして約3ヶ月間多くの観光客の目を楽しませてくれます。

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!「氷点下の森」の氷は不純物が少ないので青色。
氷が青いのは水がきれいな証拠
飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」で開かれる「氷祭り」の様子です。氷点下の寒さに観光客は暖をとりに暖かい食べ物をお求めになります。「氷中貯蔵 熊の涙」は限定生産につき在庫はこの時はありませんので、現地で試飲をしてもらい予約を受け付けしています。
氷祭りではバザーもやってます
「氷点下の森」入場料無料で気軽に何度でも感動を味わえる。ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
入場料無料 写真撮りたい放題
ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!「氷点下の森」で開かれる氷祭りの様子。
2月第2土曜日は氷祭りを毎年実施
「氷点下の森」のライトアップは必見!ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
ライトアップは幻想的
ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!高山市で1年で初めに入らかれる花火大会です。
氷祭りフィナーレの大花火

■限定2000本の理由

なぜこの数しか製造できないかというと、貯蔵樽に目一杯入れて2000本しか入らないためです。まず、蔵元平瀬酒造で瓶詰めされた商品は箱に入れられ、氷点下の森(秋神温泉)に運ばれ、さらにその箱ごと貯蔵樽に入れられます。

箱の状態で樽入れすると、樽自体が円柱の形ですので隙間が生まれます。その隙間に今度は一本づつ手作業で樽入れしていきます。隙間なく樽入れしてちょうど2000本となります。

■欲しいと思った時には手に入らない理由

毎年3月末に氷点下の森から「氷中貯蔵 熊の涙」の樽出しを行いますが、この時すでに製造本数の80%近くが予約の売約済みとなっています。市場に出回るのは残り20%のみとなります。この本数ですと販売店が多くても意味がありません。

もともと村おこしを目的に始まったお酒です。ですから、高山市の中でも氷点下の森がある「朝日町」の酒店でしか販売していません。岐阜県及び高山市街のどの酒店に行っても目にすることも手に入れることもできないのです。

「氷中貯蔵 熊の涙」は抜群の希少性があります。知る人ぞ知るお酒、だから多くのお客様がリピート注文をしてくださると感じています。

ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方のギフトにピッタリ!ご注文、お問い合わせはネットショップ・電話・FAX・メールで対応しております。お気軽にご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

店長紹介

二代目店長
二代目店長

どんな小さな要望もお応えします。それが私の28年間のやり方です。

長瀬正和