氷中貯蔵 熊の涙


熊の涙が選ばれる理由


飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ![写真]日本料理「さかした」様にて撮影 店長は朝日町出身の「坂下」さん 快く撮影に協力してくれました。

日本で唯一の貯蔵法で熟成された日本酒


貯蔵樽の様子

「氷中貯蔵」が行われるののは、岐阜県高山市朝日町胡桃島の秋神温泉にある「氷点下の森」で行われます。この地は、飛騨高山の冬の風物詩として,

毎年冬期には多くの観光客が訪れます。

 貯蔵樽ごと凍らせてお酒を冬眠させる「氷中貯蔵法」は、極寒で豊富な山水が利用できる環境でなければできません。冬はマイナス10度を下回るほどの「氷点下の森」だからこそできる日本で唯一の貯蔵方法から生まれたお酒。他では真似できない商品価値があります。

■日本初!?樽出し体験

 

誰でも参加できる

「樽出し体験」ができるイベントを毎年実施しています。

こちらの動画をご覧下さい。

イベント情報はこちら




飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!飛騨高山の冬の平瀬酒造」のご協力のもと貯蔵タンクに入れます。ご当地酒(地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」の熟成開始です。
「平瀬酒造」のご協力のもと樽入れ
飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!1月後半の貯蔵樽の様子です。
完璧に氷で覆い尽くされます⇒
飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!1月初旬の貯蔵樽の様子です。「氷点下の森 氷中貯蔵 久寿玉」の文字が見えなくなっています。「久寿玉」は平瀬酒造の看板商品。
徐々に周りが凍り始めます⇒
2月後半の貯蔵樽です。ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
原型が分からないほど厚い氷がつきます

 氷点下の森の氷は天然の山水を木や構造物にかけて作られる訳ですが、簡単にできるものではありません。氷点下の森自体が山奥にありますが、さらに十数キロ離れた山奥から専用のホースをつなぎ大量の水を使えるようにして、氷の王様小林茂さんを中心に、秋神温泉の従業員が毎晩氷のオブジェに水をかけるわけです。氷点下の環境さらに大量の山水、そして従業員の熱意と努力があって、はじめて貯蔵増樽は凍ります。

 このお酒で一番質問が多いのは、それは「氷中貯蔵法でどうお酒が変わるのか」という点です。気になる方はこちらをご覧下さい。

飛騨高山の観光地から生まれた新発想の日本酒


創業380年、飛騨で随一の歴史を誇る平瀬酒造。45年前から秋神温泉の主人が毎年作り続けてきた飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」。

歴史深い本物の「伝統」と「自然」が融合して生まれた新発送のお酒です。

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

飛騨高山で最も老舗蔵元が「生みの親」

「氷中貯蔵 熊の涙」は飛騨高山で最も歴史深い蔵元「平瀬酒造」が、ご当地酒として初めて出した他にはないお酒です。

不純物の少ないのが特徴の飛騨の水と、優良な酒造好適米「ひだほまれ」を100%使用しています。

蔵元平瀬酒造のホームページはこちら

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

酒造好適米ひだほまれです
仕込み

飛騨高山を代表とする人気観光スポットが「育ての親」

氷点下の森は地元高山市としても積極的にアピールしている観光スポットで、毎年多くの観光客が訪れます。その為、氷点下の森は「飛騨高山の冬の風物詩」と呼ばれるほど、その氷のアートの雄大さと芸術性は多くの観光客を魅了します。そんな氷点下の森の代表的なウォッチングポイントに、氷中貯蔵熊の涙が眠る「全て氷に覆われた氷中樽」があるのです。

※リンク先 HIDABITO.jp  参照

ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!「氷点下の森」の氷は不純物が少ないので青色。
氷が青いのは水がきれいな証拠
飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」で開かれる「氷祭り」の様子です。氷点下の寒さに観光客は暖をとりに暖かい食べ物をお求めになります。「氷中貯蔵 熊の涙」は限定生産につき在庫はこの時はありませんので、現地で試飲をしてもらい予約を受け付けしています。
氷祭りではバザーもやってます
「氷点下の森」入場料無料で気軽に何度でも感動を味わえる。ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
入場料無料 写真撮りたい放題
ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!「氷点下の森」で開かれる氷祭りの様子。
2月第2土曜日は氷祭りを毎年実施
「氷点下の森」のライトアップは必見!ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!
ライトアップは幻想的
ご当地酒(飛騨高山地酒)「氷中貯蔵 熊の涙」が熟成されてます。飛騨高山随一の蔵元「飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方にギフト・お誕生日・父の日・母の日・結婚記念日・お中元・お土産にどうぞ!高山市で1年で初めに入らかれる花火大会です。
氷祭りフィナーレの大花火

限定2,000本しか製造できない入手困難な日本酒


なぜ2,000本しか製造できないのか

 最大の理由が氷中樽にかける山の水が、樽一個分しか確保できないことにあります。

 氷点下の森は秋神温泉を囲む広大な敷地の木々に水をかけ、氷の自然美を演出します。その為、大量の山の水を利用する訳ですが、氷点下の森の生みの親(故)小林繁氏は生態系を壊すことのないよう最大限の気を配りながら氷造りを行いました。人間の欲によって、自然が破壊されるようなことは一番嫌う方でした(現に秋神温泉には人間の手によって絶命されそうな山野草が多くも移植されています)。実際はもっと強引に山の水を引っ張ってこれば、樽二つ分くらいの山の水を確保することができるようですが、繁氏の後を継いだ氷の作り手である「氷の守人(もりど)」こと小林徳博もそれは行いません。そもそも山々の恵みがあるから人間が生きていられることよく理解されています。

 つまり、一つの樽の貯蔵できる限界量は2,000本ですので現状はそれ以上製造することができません。蔵元平瀬酒造で瓶詰めされた商品は、まずは箱に梱包され、次に氷点下の森(秋神温泉)に運搬され、その箱ごと貯蔵樽に入れます。樽自体が円柱の形ですので箱のまま樽入れすると樽と箱の間に隙間が生まれるわけですが、次はその隙間に瓶が割れないよう細心の注意を配りながら一本づつ手作業で瓶を詰めていきます。手間暇かけて隙間なく樽にびっしり瓶を入れると、なんとか2,000本近くの日本酒を貯蔵することができます。

なぜ他の店で購入できないのか

 毎年3月末に氷点下の森から「氷中貯蔵 熊の涙」の樽出しを行いますが、この時すでに製造本数の80%近くが予約の売約済みとなっています。市場に出回るのは残り20%のみとなります。この本数ですと販売店が多くても意味がありません。ですから、高山市の中でも氷点下の森がある「朝日町」の酒店でしか販売しておりません。岐阜県及び高山市街のどの酒店に行っても目にすることも手に入れることもできないのです。蔵元である「平瀬酒造」に行っても取り扱っていません。それが幻の酒を言われる由縁です。

「氷中貯蔵 熊の涙」商品スペック


商品名 氷中貯蔵 熊の涙
特定名称 純米吟醸酒
内容量  720ml
原材料 米(国産) 米麹(国産米)
原料米 岐阜県産ひだほまれ
精米歩合 50%
使用酵母 アベリアの花酵母
アルコール度 16%
日本酒度 +2
酸度 1.5
アミノ酸度 1.1
取扱い 常温保管

商品のご注文はこちら


ネットで注文をしたい方へ

日本唯一の氷中貯蔵法。飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」で低温熟成された純米吟醸酒。先着2000本、当店限定販売の幻の酒。

価格 税込1,998円+送料


電話で注文をしたい方へ

当店はいつでも繋がる安心営業時間

午前6時から午後10時までいつでもお電話下さい

※毎月第2・第4日曜日定休

 

インターネットでの決済が不慣れな方、面倒な登録なしで注文したい方でも、リカーショップながせなら安心です。細かいご注文も、大量なご注文も、お客様のご要望を可能な限り対応させていただきます。

 

【電話注文で注意事項】

電話注文でのお支払い方法は、銀行振込(前払い)、郵便振替(前払い)、代金引換をご選択できます。クレジットカードでのお支払いは出来かねますので、予めご了承下さいませ。


メールやFAXで注文したい方へ

その他、メールやフリーフォームでの注文したいという方はこちらをご覧ください。

▼カンタンご注文ページ