飛騨高山の限定生産ご当地酒「氷中貯蔵 熊の涙」は、飛騨高山の随一の蔵元「氷点下の森」と飛騨高山の冬の風物詩「氷点下の森」でコラボした地酒で、商品自体にストーリー性があります。味もおいしいので多くの方ら喜びの声をいただいてます。また「熊の涙」の名前が面白い・印象的だというお声をいただいてます。低温熟成と熊の冬眠をかけてこの名前がつきました。

「氷中貯蔵 熊の涙」は

12月に樽入れをして3ヶ月間低温熟成します。

 

冬の間、じっくり春を待つ

それは動物の冬眠とよく似ています。

 

冬眠する野生動物といえば

そう「熊」です。

 

熊の涙の名前の由来は

まるで熊のように、冬の間氷の中で眠ることからつけられました。

熊は涙を流すの?

人間は動物でも珍しい感情によって涙を流せる動物ですが、通常動物は生理的にしか涙がでてこないらしいです。涙は基礎分泌・反射・情動の3種類があり、「氷中貯蔵 熊の涙」の涙は反射の涙。あくびの時に反射に出てくる涙を意味しますが、専門家の話ですとそれも大変珍しいことらしい。どれほど珍しい希少価値がある地酒だという意味があります。

結論から言うと熊は涙を流して

泣いたりしないらしいです。

ただ、まれに涙が出る時も

あるらしいんです。

 

涙には3つの種類あります。

①基礎分泌の涙…ドライアイ防止や角膜保護のために常に分泌される涙

②反射の涙…目にゴミが入った時などに防御のために出る涙

③情動の涙…悲しみや感動で流す涙

 

ちなみに③の情動の涙を流す動物は

人間だけらしいです。

つまり、熊は涙は出ますが、

涙を出して泣くことはありません。

熊の涙を見れることは非常に稀です。

 

「氷中貯蔵 熊の涙」の「涙」の由来は

①希少価値の高いお酒という意味を、

 滅多に見ることができない「熊の涙」で表現しています。

②真冬の3ヶ月低温熟成したのち、春の雪解けとともに樽開けをする

 この「氷中貯蔵 熊の涙」の低温熟成の方法が

 野生の熊の冬眠によく似ています。

 冬眠から目覚めた熊があくびをした時の涙を表現しています。

綺麗な瓶の秘密

瓶にもこだわりがあり、「氷中貯蔵 熊の涙」の瓶はとてもきれいな青色をしています。捨てるのに勿体ない瓶とお客様に言われるほどです。「氷中貯蔵 熊の涙」の最高の至福の瞬間は、封印をといて、低温熟成によりおいしくなった味をと想像しながら飲む、始めの一杯。アベリアの花酵母の上品な香りをワインのように楽しみ、そしてじっくり舌で味を確かめる、すると最高の幸福感のある味が口中に広がります。
飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方のギフトにピッタリ!ご注文、お問い合わせはネットショップ・電話・FAX・メールで対応しております。お気軽にご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

店長紹介

二代目店長
二代目店長

どんな小さな要望もお応えします。それが私の28年間のやり方です。

長瀬正和