国のオフセットクレジット(J-VER)制度と整合し、国のプログラム認証を受けた「岐阜県カーボン・オフセット制度」を適用。「木曽三川水源造成公社間伐促進プロジェクト」を支援します。

 このプロジェクトを利用することで、美味しい酒造りに欠かせない水を創り出す岐阜県の森林を守り、育てることに貢献します。

 

もともと「長楽延年 熊の涙」は「氷中貯蔵 熊の涙 ギフトセット」でのみ

お求めできる商品でした。

しかし、「辛口も美味しい!」「黒の熊の涙だけで欲しい!」という

お客様の声が多く寄せらせ為、

「長楽延年 熊の涙」のばら売りをやったのが始まりです。

こちらを購入できるのも当店のみ。知る人ぞ知る、超レアなお酒です。

飛騨の酒文化を表現したどっしりとした味わい

岐阜県推奨酒造好適米

「ひだほまれ」を100%使用

 

手間がかかる上に

限られた量しか収穫できない

農家泣かせの米。

「地元の良質なお米で、岐阜県ならではの旨い酒を生み出したい」という一心で、農家と酒蔵が一丸となり、

日夜情熱を傾けています。

「長楽延年」の意味

「長楽」とは…楽しみの長く続くこと。また,長く続く楽しみを意味します。

「延年」とは…長寿を意味する遐齢延年(かれいえんねん)から名づけられました。

       遐齢延年とは寺院の法会のあとに余興として演ぜられた芸能の総称を

       言いますが、延年とは文字通り,〈齢を延ぶる〉ということで,

       もとは芸能を意味する言葉ではなかったと言われます。

       ※コトバンク引用

 

まり、「長楽延年 熊の涙」は

楽しい人生が末永く続きますように

との願いを込めた非常にありがたいネーミングのお酒です。

大切なお知り合いへのプレゼントとして大変喜ばれております。 

よくお客様に質問されること

Q:「氷中貯蔵 熊の涙」と何が違うの?

A:文字通り、青色の瓶の熊の涙は「氷中貯蔵」をしております。氷点下の森で約3ヶ月間貯蔵して熟成させる方法が特徴のお酒です。「長楽延年 熊の涙」は氷中貯蔵をしておりません。平瀬酒造の蔵元で作られ、氷点下の森を経由せず直接当店に届きます。蔵元が地域発展を願って作った、熊の涙シリーズの限定酒となります。

 

Q:どういった点が限定酒なの?

A:高山市朝日町の地域おこしの一つとして生まれたお酒です。高山市朝日町のリカーショップの当店でしかご購入できません。

 

Q:平瀬酒造に行ったら購入できるの?

A:平瀬酒造でも購入できません。熊の涙シリーズは高山市朝日町でしか店頭販売しておりません。ただしネットショップはございますので、全国どちらの方でもご購入できます。

 

Q:どの商品が限定生産商品なの?

A:間違いやすい点ですが、

「氷中貯蔵 熊の涙」…限定2000本ですので無くなり次第終了です。

「限定ギフトセット」…氷中貯蔵 熊の涙が無くなり次第終了となります。

「長楽延年 熊の涙」…いつでもご購入できます。

 

Q:原酒とは「氷中貯蔵 熊の涙」の熟成前ってこと?

「長楽延年 熊の涙」と「氷中貯蔵 熊の涙」は全く違う商品です。

前者は加水していないそのままの原酒ですので、アルコール度も高めです。

「氷中貯蔵 熊の涙」を含め多くの日本酒は加水をしております。

そのため原酒は、いろいろな物で割って飲んだりしても良いですし、

オンザロックで飲んでいただいても味が薄くなりにくい日本酒です。

飛騨高山の幻の地酒「熊の涙」は、秋神温泉氷点下の森(氷の王様こと小林茂社長)で日本初の氷中貯蔵に成功した純米吟醸生貯蔵酒。高山の老舗平瀬酒造が蔵元でひだほまれを使用したこだわりの銘酒。雪中酒,氷中酒,氷点下酒,氷点酒,氷酒いろいろ言われますが「氷中貯蔵」が本当の名前。冷酒でグビッ、お酒好きの方のギフトにピッタリ!ご注文、お問い合わせはネットショップ・電話・FAX・メールで対応しております。お気軽にご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

店長紹介

二代目店長
二代目店長

どんな小さな要望もお応えします。それが私の28年間のやり方です。

長瀬正和