2024年7月~9月 · 10日 7月 2024
「人参葉の天ぷら」×「天領純米吟醸」
人参葉の天ぷらはとても美味しく、もし家庭菜園で人参を作っている方がいらっしゃれば、ぜひ試してみてください。パリパリとした食感と少しの苦味があり、その苦味が純米吟醸ひだほまれ天領」とよく合います。
2024年7月~9月 · 09日 7月 2024
「オクラの海苔和え」×「蓬莱家伝手造り」
オクラをサッと茹でて冷水に取り、一口大に乱切りにします。海苔をサッとあぶってから調味料を混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。調理方法がシンプルなので素材の味を生かした料理になり、こういった料理はフルーティーな香りの薫酒の味わいを邪魔しません。
2024年4月~6月 · 29日 6月 2024
【中日新聞掲載】高山市高根町での移動販売を7月1日スタート!
リカーショップながせは田舎のコンビニのような酒屋を営んでおり、事業の多角化として買い物支援事業(移動販売)も行っています。令和6年7月1日より高山市高根町でも移動販売をスタートします!
2024年4月~6月 · 29日 6月 2024
「スナップエンドウの酢味噌和え」×「久寿玉手造り純米」
今日のおつまみはスナップエンドウの酢味噌和え。スナップエンドウ自体は香りが強くないので、薫るお酒、つまり薫酒とよく合うと思いますが、調味料が味噌になると旨口タイプの醇酒によく合う料理になります。久寿玉手造り純米と相性抜群!
2025年4月~6月 · 26日 6月 2024
「飛騨トマトのマリネ」×「秋神水明熊の涙」
飛騨トマトのマリネと秋神水明熊の涙のペアリング。本醸造の爽やかな日本酒で、トマトの濃い目のドレッシングと辛口淡麗がマッチ。特に調味料に含まれる酢は爽酒に好相性。
2025年4月~6月 · 25日 6月 2024
自家製野菜の天ぷら×久寿玉大吟醸
モロヘイヤとナスの天ぷらを久寿玉大吟醸でペアリング。本州の中心にあり日本の屋根とも呼ばれる北アルプスの麓から汲み上げた伏流水を使用し、特別に厳選された「山田錦」を40%まで丁寧に磨き上げ、飛騨の厳冬期に吟醸造りで醸された逸品。
2024年4月~6月 · 24日 6月 2024
古川屋枝豆とうふ×氷中貯蔵熊の涙
古川屋の枝豆豆腐とのペアリングでおすすめは氷中貯蔵熊の涙。シンプルで淡泊な豆腐料理には、香り豊かで淡麗タイプの純米大吟醸がおすすめ。
2024年4月~6月 · 13日 6月 2024
酒旅提案!「割烹みぞわき」で乾杯!
酒旅!高山市朝日町の創作料理のお店「割烹みぞわき」。地元住民が通う大衆居酒屋。地域の人と触れ合いながらお酒が楽しめる、とても料理が美味しいお店です。
2024年4月~6月 · 11日 6月 2024
たけのこのかつお出汁煮×久寿玉大吟醸
今日も地元のお客様から天然のたけのこをいただきました。お酒のおつまみにと「たけのこのかつお出汁煮」を作りました。この料理は特に久寿玉大吟醸とのペアリングがGOOD!
2024年4月~6月 · 11日 6月 2024
雪笹のおひたし×渡辺酒蔵 色おとこ
高山の山菜「雪笹」のおひたしには渡辺酒蔵色おとこがとても好相性。雪笹は「山のアスパラ」とも呼ばれ、マヨネーズをつけて食べると最高です。

さらに表示する